不動産会社、東京エクセリアの主要サービスまとめ

東京都は不動産会社が最も多い場所です。

不動産会社によって取り扱う物件や業務内容も異なります。

今回紹介する「東京エクセリア」も、東京都内の不動産を保有している会社です。

この記事では、東京エクセリアの概要やサービス内容などを紹介します。

東京エクセリアとはどんな会社?

新畑一雄氏が設立した会社で不動産に関する業務を担っている企業です。

現在は有泉利昭氏が代表を務めています。

本社は東京都渋谷区にあるものの埼玉県内で高齢者が快適な生活を送れるようにという目的で設立された団体「公社介護事業等運営者連絡協議会」の会員にもなっており、高齢者向け物件の建物管理も行っています。

現在は、店舗数の増加や賃貸部門をさらに発展させるために社員の募集もしているベンチャー企業です。

東京エクセリアサービス内容

東京エクセリアは不動産業界の総合ディベロッパーとしてのサービスを展開しています。

主なサービス内容は下記の通りです。

不動産賃貸・売買

不動産の賃貸や売買業務を行っています。

たとえば、賃貸マンションにおいては「エクセリア、ロイヤルアメニティ、エヴェナール」の3ブランド計74棟を管理しており、東京23区内に50以上の自社管理物件を保有しているのが特徴です。

賃貸における新規契約や解約手続き、入居者への対応も行っています。

3ブランド以外の賃貸物件も含めると室数は4,000室前後にのぼり、賃貸事業は今後強化する事業の中に含まれています。

一方、不動産の売買ではワンルームマンションからいわゆる高級マンションまで東京近郊の物件を中心に幅広く取り扱っているのが特徴です。

不動産売却時のサポートも行っています。

なお、東京エクセリアで管理している物件や空室情報、物件の写真などの閲覧は店頭受付や自社での会員登録をすると閲覧可能となります。

不動産管理

(不動産によっては)常駐の管理人を付けて物件内の清掃や見回りをさせたり、不動産内で異常事態が起こったら対応したりすることも行っています。

住人や不動産オーナーが相談してきた時の窓口になることもあります。

管理物件内の部品交換や工事手配や見積もり、家賃の入出金確認や新規入居者の宣伝企画だけではなく、マンションオーナーの代行業務も担う場合もあるそうです。

マンションの販売

マンションの販売業務もやっており、個人や不動産会社に営業活動をすることもあります。

さらに、マンションの販売が完了した際の契約締結も自社で確認しながら行っています。

資産運用アドバイス

不動産を保有しているオーナーに、資産運用に関するアドバイスも行っています。

不動産を売却するタイミングや売却価格をアップさせるための助言。

不動産価格を基に、どのような運用をすれば良いかを教えてもらえます。

宅建や不動産業界の知識を持っているスタッフも在籍しているため、不動産のプロフェッショナルに相談することも可能です。

なお口コミには、東京エクセリアの対応が優しかったと記載してあるため、資産運用の知識がない人でも気軽に相談できると思われます。

その他に、不動産の内装事業やお金持ちの人が住むような高級物件の仲介業務も行っています。

総合不動産ディベロッパーとして注目される東京エクセリア

東京エクセリアは、今後も総合不動産ディベロッパーとして注目される会社といえるでしょう。

不動産の賃貸や売却、資産運用のアドバイスまで不動産に関することをいろいろと行っており、都内を中心に自社が保有するマンションもあります。

2020年には東京オリンピックが開催されるため、東京都内の不動産の値動きがどうなるかという意味でも注目したい会社といえます。