幅野陽太が紹介する、失敗しない副業紹介

副業が流行っていますが、なかには失敗する人もいます。

勢いでやればいいものではありません。

そこで今回は、副業で失敗する人の典型例を紹介しつつ、取り組む時のコツを紹介します。

失敗する典型例は、背伸びした副業!

背伸びした副業は、失敗を生み出す原因です。

無理をして出資しても、大損すると生活が立ち行かなくなります。

借金をしてまで副業をする人もいますが、大損して悲惨な結末を迎える人もいます。

なかには、借金苦で自ら命を絶った人もいるようです。

ラクして稼ぎたいという誘惑に負けず、自分の資産状況に合わせた副業を行えるかが勝負のカギになります。

まずは自分の使える時間と資金を出す

副業で失敗する確率を抑えるには、副業に利用できる時間と資金を計算することです。

時間と資金を計算したうえで、どんな副業が自分に向いているか選びましょう。

すると、大損失を被る確率は減ります。

時間があるけど資金が無い人はまずは労働収入を目指そう!

労働収入とは、働いたことで得る収入のことです。

会社員やアルバイトの給料は、労働収入の代表例です。

時間が余っている人は、いろいろな仕事をして稼ぎましょう。

最近では、スキマ時間を使ってアルバイトができるアプリや、クラウドソーシングもあるため、一昔前に比べると求人は見つけやすいです。

低収入の会社員の中には、副業で収入を増やす人もいます。

ITなど人材不足の業種もあるため、仕事をもらえそうな業種を選んで探しましょう。

時間と資金両方ある人は資産運用や転売を!

資産運用とは、資産を購入しながら資産を増やすことです。

株やFX、投資信託、先物取引など、いろいろな種類があります。

とくに、FXや先物取引などはレバレッジをかけられます。

レバレッジとは、自分が持っている資金以上の資産を運用することです。

たとえば手持ちが10万円しかないのに、200万円分のドルを運用するイメージです。

少額でありながら、莫大な利益を手に入れられるかもしれません。

しかし、損失が発生した時も大きな被害を被ります。そのため、はじめのうちはレバレッジをかけずに資産運用した方が良いでしょう。

一方、転売は実在する物を売るだけであれば、ほとんど費用は発生しません。

資産運用のように、何かを購入したり大損失が生まれたりする確率もほぼないため、損をしたくない人におすすめです。

オークションへ出品すれば、ものによっては値段が跳ね上がります。

自分の経済状況、現状に応じて最適な副業を選ぼう!

経済状況や現状を踏まえてから、副業を選ぶことが損失リスクを抑える基本です。

幅野陽太さんも、副業で収入を稼いでほしいという想いから「リッチパスポート(https://rich-passport.biz/tre/?c=special-p006)」と呼ばれるサービスを提供しています。

スマホから登録できるため、興味がある人はスキマ時間に見てみるのもアリです。

どんな副業が向いているか考えたうえで、稼ぐ方法を考えてみてください。