小川町、淡路町、神田から好アクセスの豊和法律事務所とは?

地下鉄小川町駅や淡路町駅から好アクセスの豊和法律事務所について説明します。

豊和法律事務所について

豊和法律事務所は、神田須田町の淡路町交差点に面した淡路町駅前ビルの3階にあります。

都営地下鉄新宿線小川町駅・東京メトロ丸ノ内線淡路町駅のA2番出口を出た眼の前という好立地・好アクセスの場所です。

営業時間は、平日の9:00~17:00となっており、便利な場所にあるということもあって相談者は多いということです。

また、サラリーマンなど平日昼間は仕事をしている方などのために、事前予約が必要ではありますが、平日の夜間や土曜日・日曜日・祝日にも対応しています。

豊和法律事務所の正式な住所、電話番号などは次の通りです。

〒101-0041

東京都千代田区神田須田町1-2-7

淡路町駅前ビル322号室

TEL 03-3525-4203

FAX 03-3525-4204

以下、豊和法律事務所の沿革、対応可能な分野、所属弁護士である能登豊和の経歴などについて、順に詳しく説明していきます。

豊和法律事務所の沿革

豊和法律事務所は、弁護士能登豊和が2019年に開所した比較的新しい法律事務所です。

事務所の開所と同時に、弁護士能登豊和が所長に就任しました。

対応可能な分野

豊和法律事務所では、民事と家事全般に対応しています。

例えば、離婚、相続、交通事故、労働問題、借金問題など幅広く対応していますが、特に強みを持っているのは、男女トラブルと相続関係です。

男女トラブルの代表的な案件に離婚問題がありますが、離婚協議書、財産分与、親権などの問題などでの実績が豊富です。

また、相続問題に関しては、相続手続き全般、生前贈与、遺言作成、遺留分・寄与分などに幅広い実績があります。

所属弁護士能登豊和について

能登豊和は、2009年3月に司法試験に合格し、2010年12月に司法修習(新第63期)を修了し念願の弁護士になりました。

36歳で弁護士になっていますので、やや遅咲きの感はありますが、広島の間所法律事務所(現在のまごころ法律事務所)、東京の渡部総合法律事務所・南千住法律事務所で所属弁護士として活躍しました。

2019年開所の現在の豊和法律事務所では、所属弁護士兼所長として活躍を続けています。

能登豊和は、東京都荒川区の生まれ育ちです。

将来法律家になることを志して、日本大学法学部に入学し、1996年3月に経営法学科を卒業、1998年3月に日本大学大学院法学研究科を修了しました。

その後、卒業後は司法試験予備校で働きながら司法試験への挑戦を続けました。

いわゆる「下町育ち」の「下町気質」の庶民的な弁護士で、人柄が気さくなので何でも相談しやすいと評判になっています。

よく弁護士にありがちな、上から目線の発言や態度が一切なく、優しく誠実に相談にのってくれます。

豊和法律事務所の特徴

豊和法律事務所では、次の3点を特徴として挙げています。

1つ目は、「依頼者自身の解決力を高める」ことです。

これは、依頼者と相手との合意による解決を優先し、弁護士が介入するのは最後の手段と考えているということです。

当人同士で解決できれば、後にしこりも残さず、少ない費用と回数で済ませることができるということです。

2つ目は、依頼者が「どうすれば良いのかがわかる」ように初動の方向性を示すことです。

最初の一歩が間違っていなければ、後は工夫次第でゴールへ近づけると考えているのです。

3つ目は、「費用説明をしっかり行う」ことです。

どうしても弁護士の力が必要な場合は報酬をもらうことになりますが、着手前に必ず弁護士報酬の仕組みと金額を明示して納得してから依頼を受けるようにしています。

豊和法律事務所は男女トラブルに強い事務所

説明してきたように、豊和法律事務所は男女トラブルに強い事務所です。

もし、離婚や浮気などで問題が起こったときには、豊和法律事務所に相談してみましょう!