猫がチャオチュールを大好きな理由!どんな味がする?栄養、塩分は?

いろいろな種類のキャットフードがありますが、なかでも「チャオチュール」は猫からの人気が高いようです。

飼い主のなかには、チャオチュールを与え続けている人もいます。

この記事では、チャオチュールの特徴や概要、1日あたりの摂取量の目安を紹介しつつ猫に人気な理由を説明します。

チャオチュールとは?

チャオチュールとは、いなばフード株式会社が販売しているキャットフード「チャオシリーズ」の中の一種です。

液体状になっている餌で、小分けにした製品をメインに販売しています。

猫が舌で舐めながら餌を食べられる仕組みとなっているため、固形物を飲み込む能力が低下した高齢猫も飲み込みやすくなっています。

さらに猫は水をあまり飲まない生物といわれており、脱水症状を引き起こし腎臓の病気にかかる猫もいます。

しかし、チャオチュールは水分も多く含んでいるため、猫に水分を摂取させる餌としても役立つでしょう。

賞味期限が製造日より2年程度となっているため、長期保管にも適しています。

チャオチュールの成分や栄養

植物性油脂やミネラル、アミノ酸、ビタミンEなどを含んでいます。

猫の体に悪い着色料や防腐剤なども入っておらず栄養価も高いです。

発がん性物質も含まれておらず、口臭予防のための緑茶成分も配合されています。

材料に「国産品」を使用しているのも特徴です。

さらに医師が個別に塩分濃度を調べたところ0.5前後となっていたようなので、適切な量を食べさせればチャオチュールのみで塩分過多になることはないという結果を出している人もいます。

小分けになっている製品(1袋14g)の場合、1包装あたり7キロカロリー前後となっています。

猫がチャオチュールを大好きな理由は食欲を誘う香りと味

チャオチュールには魚のエキスが含まれており海鮮物の香りがします。

猫は人間よりも嗅覚が発達している動物ですので、磯の香りによって食欲を注ぎやすいといえるでしょう。

さらに猫の好物である魚のエキスも含まれています。猫が好む香りや味に仕上げてあるため、猫に好まれやすいキャットフードだといえるでしょう。

口コミにも、猫がチャオチュールを美味しく食べている旨や、猫が食欲不振に陥った場合もきれいに食べるといった感想が載っていました。

チャオチュールは種類が豊富

50種類以上のチャオチュール製品を販売しています。

味はまぐろやサーモン、ほたて貝柱、とりささみなどがあります。

なかには、2種類の味をミックスした製品や乳酸菌入りの製品も販売されています。

さらに製品の容量も1袋4本入りの他に、20本入りの製品、ボトル入りの製品も取り扱っているため、状況に合わせて買い分けられるのもチャオチュールの特徴です。

チャオチュールを猫にあげる頻度はどれぐらいが適切?

1日最大4本までの摂取量が良いです。

パッケージの裏側にも1日4本が目安だと記載されているため標準的な猫であれば4本程度与えて良いと思われます。

ただし、チャオチュール以外の餌で塩分を摂取している場合は3本程度に抑えた方が良いでしょう。

なお、チャオチュールが残った場合は別の容器に移し替えて冷蔵庫内に保管できますが、開封済みですので早めに与えてください。

チャオチュールで猫とコミュニケーション!

チャオチュールは液体状になっている珍しいキャットフードで、愛用している飼い主もいるようです。

チャオチュールを使って猫とコミュニケーションをとっている飼い主もいます。

チャオチュールを見た瞬間興奮し出す猫や、表情が激変する猫、チャオチュールを猫じゃらしのように使っている飼い主の配信動画もあります。

猫とのコミュニケーションツールとして、チャオチュールを使ってみてはいかがでしょう。