千石高史氏の経歴や現状について調べてみました!

生コンクリート関連事業で名が知られる千石高史氏。

この記事では経歴や現状を中心に、千石高史氏の発明や代表取締役を務める株式会社について紹介します。

千石高史とは?どんな人物?

千石高史氏は生コンクリート関連事業を行っている株式会社の代表取締役を務める事業家です。株式会社の他にも、協同組合などの理事長を務めています。

また生コンクリート関連の発明にも携わっており、千石高史氏の活動は多岐にわたります。

千石高史の経歴

千石高史氏は株式会社千石の代表取締役を務めながら、平成28年に自身が代表取締役を務める株式会社Preventを設立。

同年5月に淀川河川整備事業協同組合の理事長、此花建材販売輸送企業組合理事長に就任し、11月には大阪府砂利石材協同組合の理事長にも就任しています。

千石高史の現状

「株式会社千石」「Prevent」という2つの株式会社の代表取締役を務めるほか、淀川河川整備事業協同組合や此花建材販売輸送企業組合、大阪府砂利石材協同組合の代表理事にも就任しています。

また、生コンクリート関連の2つの発明に携わっており、その発明は特許を取得しました。

千石高史が経営する会社とは?

千石高史氏が経営する「株式会社千石」は、勤勉・謙虚をモットーとしています。

事業内容は海砂採取作業や海洋物流事業のほかに建材事業、生コンクリート事業、流動化処理事業、海洋工事事業があります。

関西国際空港建設の際に資材や建材を供給したり、大阪府梅田地区での商業施設やタワーマンション建設において生コンクリートや流動化処理土の安定供給を行ったりしています。

千石高史氏が経営する二つ目の株式会社である「Prevent」は、防犯機器及び介護機器の販売が主な事業内容です。Preventの製品によって、リアルタイム処理で画像や動画を鮮明にすることができるようです。

千石高史が携わり特許を取得した発明とは?

千石高史氏が携わった発明は2つあります。

ひとつ目の発明の概要は、有機成分を含む泥土を再利用に適した土に変えるというものです。

有機成分を含み、再利用できない泥土を撹拌機に入れ、多孔質無機粒子を混合して攪拌することで有機成分を吸着させ、出来上がった混合物に凝集剤などを混ぜて攪拌することにより再利用に適した泥土を作ります。

ふたつ目の発明は、骨材というコンクリートを作る際に使われる材料である砂利や砂の中でも細かい細骨材という骨材に、水砕スラグを用いたコンクリートにおいて充填率の向上を測ることが目的である発明です。

細骨材を水砕スラグ、粗骨材は高炉スラグとして、高炉スラグを含むコンクリート製品の製造に有害汚泥を使用材料の一部として供給します。そして水砕スラグの針状結晶の間を有害汚泥で充填した状態とすることが特徴としています。

千石高史が理事長を務める組合とは?

千石高史氏が理事長を務める組合は淀川河川整備事業協同組合と此花建材販売輸送企業組合、大阪府砂利石材協同組合の3組合です。

淀川河川整備事業協同組合は、砂や砂利の共同採取やそれに関連する整備事業などが事業内容で、出資金総額は1000万円です。

此花建材販売輸送企業組合は、貨物自動車の運送事業法に基づく一般貨物自動車運送事業を行っており、出資金総額は7000万円です。

三つ目である大阪府砂利石材協同組合は、生コンクリート用の骨材の共同販売を主な事業内容としています。出資金総額は380万円で、売上高は102億円以上に達しています。

生コンクリート業界の重要人物

千石高史氏は自身が代表取締役を務める会社を経営するだけでなく、組合の理事長を務めるなど生コンクリート関連事業において第一線で活躍する人物であるということが分かりました。

理事長を務める大阪府砂利石材協同組合が新聞に取り上げられるなど、今後の活動にも期待されている人物です。